HAPPY FISH動画 人気順 1/14

合計 今日 昨日

2019-01-22 現在の表示:人気順 ページ:1
ホーム 価格順 新着順 人気順 評価順 マイリスト登録順 発売日順

279件の動画が見つかりました。
 次のページへ »

HAPPY FISH 水澤奈々
羞恥心と苦痛と快楽が全て極限まで達すると、人間どうなるのか…。まるでその結末を確かめるための生体実験のように、調教を繰り返される少女。制服ごと雁字搦めに縛られ、ギャグボールで猿轡も施される。ボールを外されると間髪入れず、男根を喉奥までネジ込まれるイラマチオの洗礼。苦悶の表情でむせ返る少女だったが、無論、この程度はほんの序の口であった。荒縄で搦め捕られたまま、宙吊りにされる奈々。股間は無様な姿勢で強制開脚させられ、女性器は丸出しの状態。膣内にローターをブチ込まれ、コードがプラプラと垂れ下がっている。傍から見ると間抜けな格好だけに、なおさら惨めである。【公開日】2016/09/16【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 野口莉子
これほど捕縛するのが容易だった獲物も珍しい。見ず知らずの相手に対して、警戒心ゼロ。制服越しにもそれと分かる爆乳っぷりが素晴らしい莉子だが、いかんせん、万事においてトロクサいのだ。巨乳のコは頭がヨワい、などという俗説も、あながち的外れでも無いのか…。縄で縛りあげられ、ようやく事態のヤバさを実感してきた様子。「ヤダ、触らないで…放してよ~ぉ」しかし今さら気づいても、もう後の祭り。制服をヒン剥かれると、育ちに育った爆乳があらわに。みるみる勃起していく乳首を弄ばれ、「はあ~ぁ」と悩ましげな息を漏らす莉子。たわわな爆乳同様、性感帯もおおいに発育済みらしい。続けざまに股間をまさぐられるや、「もうシミ作っちゃってるよ。マジかよ~(笑)」と男たちも驚嘆を隠せない、敏感かつ奔放すぎるボディ。この後、さらに呆れるほどの痴態を晒してしまうことに…。両腕ごと上半身をギチギチに緊縛された挙げ句、吊るされる女体。ヒザ立ち体勢で電動玩具の洗礼を浴びると、ガクガクと一気に力が脱けてしまった模様。縄さえ無ければ、その場でヘタり込んじゃってるはずだ。こんな状態でナマ肉棒をブチ込まれては、もともと奔放な体質の莉子は、ひと溜まりもなかった。バックからいいようにズコズコ犯され、「やあぁダメ~ぇ!あっあっあぁ…」よほどキモチいいのか、恥知らずなアエぎ声をあげっぱなし。真ん丸の豊満尻をパンパン打ち鳴らし、肉棒ピストンはさらに加速。緊縛レイプという屈辱的にして魅惑的な快楽を、肉欲のままに受け入れてしまうドMっぷり。頭のヨワい巨乳娘は、快感への誘惑にもとことんヨワかったようだ。トドメの輪姦では、莉子の淫奔な本性が完全に開花。プルンプルン躍る爆乳に蝋燭の滴、イキまくってヘロヘロ状態の顔にはザーメンが次々と降り注ぐ。持ち前のマゾ淫欲は、いよいよ高ぶるばかり。肉体も性癖も、性処理奴隷として、まさに理想的と言えるだろう。そもそも莉子自身が今や、この監禁凌辱の虜なのだから…。【公開日】2017/06/02【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 大森恵理奈
日頃は真面目に学業に勤しんでいる少女にも、魔がさすという事はあるらしい。クラスの中でも成績は優秀なほうで、放課後や休日でも、バイトとか遊びはほどほど程度。ところが、先日…。「つい出来心で」お小遣い欲しさに、援交をしてしまった。それでもそこからハマるようなことはなく、(やっぱ自分には向いてないな)と、一度きりで興味は失せていた。元々、金に執着するようなタイプでもなく、性に対してもまだ、肉体が完全に目覚めている訳ではなかった。当人は援交した事実すら忘れかけていたのだが、この日、その一度きりの過ちの代償を払う事となろうとは…。【公開日】2016/05/20【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 椎名遥
こんにちわ…。遥ダヨ!Hだいすきデ~ス!!!この前、万引きしたらイケメン三人組に見つかって、拉致られてヤラれちゃった!でもちょっと感じちゃって、ヤバイかも!やっぱエッチはレイプに限るね!!「って、マジこれヤバくね~。こんな風に書いたらチョ~うける!どうよ…」1週間前、私を監禁してレイプした男の一人が、ニヤニヤしながら私の顔をワシ掴みにしてそう言いました。「はやくしね~と更新間に合わね~から、早く書いとけよな!遅れたらまた臭せぇチンポお前の口にねじこむからな、オイ…」そして今、この文章をその男たちに書けと言われて書かされています。どうやらこの私の書いたレイプの告白文は、私のあられもない写真とともにネットで公開されるそうなんです。ああ!あのときイライラしてたからって、万引きなんかしなければ!!【公開日】2017/01/20【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 内野麻衣
あどけなさの残る顔立ちに、清楚な身なり。声も可愛らしい麻衣は、可憐という印象がぴったりの女子校生だ。そのわりに、クラスではどちらかというと目立たない存在。それはすべて、内気で人見知りする性格に因るものであった。そんな気弱な少女が、よりによって路上で不逞の輩に脅され…。これだけで済めばまだしも、そのまま連行される憂き目に。制服ごと縄でグルグル巻きにされた麻衣の身体。男たちに横暴なまでに弄ばれ、無毛の性器が露わに…。幼い容貌も相まって、まるで無垢な処女のそれのよう。しかしバイブを肉穴にネジ込まれると、ズチュズチュと淫らな粘液音が漏れ始める。見た目とは違い、性器の感度は発達しているようだ。そしてさらに、キツく締まった尻穴へも指先がヌプヌプと…。「くはあぁ…ダメっ、そこはダメ~ぇ」まるっきり経験もないのに、アナル感度は既に人並み以上。持って生まれた体質なのだろう。初めての感覚に戸惑いを隠せない少女。「ケツの穴で感じる変態には、お仕置きしてやらないとな」電動マッサージ機で快感を、蝋燭の滴で痛感を…。全身が凄まじい刺激にまみれ、堪らず悶え声をあげてしまう。なおも情け容赦ない折檻は続く。【公開日】2016/03/18【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 秋本奈菜
ビルの屋上で、男たちに辱められる女子校生・奈菜。素朴な見た目どおり、お人好しの少女は強く拒むことができない。その人のよさに付け込み、強制淫戯はますますエスカレート。問答無用で肉棒を喉奥までネジ込み、容赦ないイラマチオが繰り出される。口内がナマ臭い精液で満たされ、堪らずダラ~リと吐き出す少女。しかし盛りのつく年頃の女体は、オスの臭いに敏感に反応していたようだ。まだこの時点では当の本人も気づいていなかったが、無垢な性器は確実に興奮を覚え始めていた。室内に移動し、今度は制服ごと縛られることに。紺のオーソドックスなセーラー服が、少女の純朴な雰囲気を一層増幅。とりたてて美少女という程ではないものの、いかにも普通っぽく可憐な面立ちが、男の凌辱願望をそそるのだ。その標的は性器にとどまらず、遂にはアヌスへと及ぶことに。アナルバイブをヌプヌプと挿入。魅惑的な微振動が尻穴内部に伝達。「えっ!?お尻はダメっ恥ずかしいぃ…」性器を責められて感じるならまだしも、肛門で感じてしまうとは…。内気で恥ずかしがり屋な奈菜にとって、これ以上ない恥辱であった。バックで犯されてる間も、終始アナル責めは続行。もう男たちの中では「ケツの穴で感じる変態女子校生」という認識なのだ。この後の調教でも、執拗に二穴同時凌辱が繰り返される。今度は椅子にギチギチに縛りつけられ、膣内に挿入されたバイブまでも荒縄でがっちり固定。身動きひとつ取れない状態で、延々快感漬けにされる少女。無論、クリトリスと尻穴も電動玩具で責められっぱなし。もはや限界であった。失禁に脱糞…。恥辱の極みとも言える、あまりにも無様な失態を晒してしまう。この瞬間、奈菜の心の中で、何かが音をたてて崩れ落ちたようだ。この後の乱れっぷりは、まるで人が変わったかのよう。そのまま輪姦に雪崩こむや、腰を振りたてて悦びの声をあげる少女。誰に強要された訳でもなく、快感が欲しくて腰が勝手に動いてしまうのだ。純朴そうなルックスだけに、淫乱な本性とのギャップはことさらに凄まじい。今まで抑え込んでいた性欲を一気に解放させ、肉棒ピストンの快楽に耽溺する奈菜。顔面に次々と精液を浴びながら、アクメに酔い痴れるその姿は、完全に発情期の牝そのものであった。【公開日】2017/05/17【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 星沢亜耶
登下校中の女子校生たちを念入りに物色し、頃合いの少女に狙いを定める男たちであるが、捕獲後に望外の上物だった事に気づく場合もある。小柄なボディが愛くるしい亜耶は、まさにそのケース。発育良好な巨乳&豊尻ボディは身長の低さも相まって、はち切れんばかりのプリプリ感。制服ごと胸元を縛りあげ、品定めするように揉みしだく男たち。早速お持ち帰りしてじっくり弄ぶことに…。これほど魅力的な肉体でありながら、性体験は多くない模様。ムチムチの桃尻に蝋燭を垂らしただけでビクンビクンと下半身を震わせるほど。この敏感反応を目の当たりにして男たちの凌辱欲が一気に高騰。電動玩具に加え、いきなりアナル責めまでも…。「やっやあぁ…何っ!?やめてよ~ぉ」泣きじゃくって哀願する亜耶だが、調教は過激さを増すばかり。拘束台に股間全開で固定され、無防備な性器を責められ放題。経験こそ浅いものの、豊潤に育った肉体は性的刺激をみるみる享受してしまう。「やだやだ、嫌あぁもうダメっ…」必死にそれを拒み続ける亜耶。アクメに達するのを怖がってるようにも見受けられる。ここまで来たら、後は輪姦調教でトドメをさすのみ。何とか持ちこたえてきた亜耶だが、もう理性は崩壊寸前…。ギリギリの状態が続いた分、その反動も大きいようだ。男たちに寄ってたかって弄ばれると、とうとう男根への渇望をあらわに…。「ハアハア…」と淫らな吐息を漏らしながら、両手に抱えた男根に夢中でむしゃぶりつく乱れよう。そしてバックや背面騎乗位などで、これでもかと徹底輪姦開始。さらにビンビンに勃起してるクリトリスへダメ押しとばかりに電動刺激が…。この瞬間、遂に一線を超えてしまったらしい。押し寄せる淫欲に身を委ね、性的快楽に耽溺してしまう亜耶であった。【公開日】2018/11/23【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 笹本晴美
「嫌あ~ぁ!お願いだから…許して」それこそ死に物狂いで抵抗を試みる女子校生・晴美。まるで捕まったら最後、命でも奪われるかのよう。切迫しきった反応を目の当たりにして、男たちも気づいたようだ。この少女は、まごう事なき処女であろうと…。あまり抵抗されると面倒なので、足先まで緊縛して梱包状態に。それからじっくり無垢な身体を堪能しようという算段である。薄桃色の乳首を軽くつねられただけで、「くはっ…」と切なげな声を漏らす晴美。まだ性的刺激に慣れていない肉体は、過敏そのもの。それでもしっかり快感は享受している模様。亀頭を擦り付けられると、性器からクチュクチュと卑猥な音が…。「やああぁダメ、それだけは…」ひたすら哀願するだけで、抗うことは一切できない。両手足を縄でくくられたまま、為す術なく犯されてしまうのだ。寄りによって、見ず知らずの無法者の男根に…。ズチュズチュと膣奥までネジ込まれると、煩悶の声を漏らしつつ、鬼畜ピストンに耐え続ける少女。ようやく全てが終ったとき、剛毛な性器の奥から、血の混じったナマ臭い体液がタラ~リと…。やはり正真正銘の処女だった。失神寸前の女子校生は、ただ絶望に暮れるのみ。緊縛レイプで処女を喪失した晴美だが、その精神的ショックを噛みしめる猶予すら与えられない。今度は拘束椅子に縛りつけられ、電動玩具で徹底調教。今まで経験したことのない凄まじい性的刺激に、全身のネジが緩んでしまったかのよう。鼻水や涙をダラダラ垂れ流し、咽び泣くばかりの少女。強制開脚された股間は、自然のままに生え放題の陰毛がびっしり。他人の視線を意識するなど、今まで無かったようだ。その穢れを知らない性器も、とめどなく溢れる分泌液でギトギトに…。もはや制御不能といった感じで、困惑の色を隠せない晴美。どうしようもなく湧き上がる快感は、どんどん膨んでいく一方。続けざまに輪姦の餌食となり、遂に未知のアクメへと達してしまう。神聖なる処女を奪っただけでも許せないのに、その憎悪すべき相手にイカされてしまうとは、まさに屈辱の極致…。気も狂わんばかりの絶望的境地を乗りきるには、いっそ恥知らずなマゾ奴隷へと堕落するしかないであろう。【公開日】2018/10/12【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 羽田亜里沙
「おいおい、すげぇおっぱいだな…」数多の発育良好JKを見てきた男たちも唖然とするほどのIカップ爆乳。こんなイヤラシい身体しといて、「最近、SMに興味がある」などと軽い気持ちで口走っちゃったのだから、もはやタダでは済まされない。ボールギャグ+緊縛で執拗に凌辱。電動玩具責めでハウハウ呻き声をあげ、あえなく恥辱にまみれる亜里沙。今さら後悔しても時すでに遅し…。情け容赦なく一気にバックで強姦。『もうダメですイキそうイクっ』「イクの早くね~か!?(笑)」『だって何だか…わかんないけどダメえぇ本当にイッちゃうぅ!』困惑しながら絶頂また絶頂。ここまでマゾ願望が旺盛とは…本人も思いも寄らなかったのだろう。「ド変態JKにはお仕置きだな」蝋燭+極太バイブで徹底調教。『ごめんなさいっまたイクぅ』こんな酷い目に遭いながら、イク時にわざわざ謝るドMっぷり。そして仕上げは男根2本で輪姦。爆乳がタプンタプン波打つほど高速ピストンを叩き込み、同時に口内へもズコズコ猛連打!『ぷは~ぁスゴいっスゴいいぃ』窒息状態でイカされるや、一心不乱に悶えまくる亜里沙。失神寸前のエクスタシーは、そこまで快感がケタ外れなのか…。今や「興味がある」どころか、ズブズブにハマってしまったようだ。【公開日】2018/10/26【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 三上亜弥
B95の超巨乳に荒縄が喰い込み、ただでさえ圧倒的な超ボリュームが、ドドーンとモノ凄いことに…。「フェロモン全開って感じだな?」「形も感度もマジ最高だし」有頂天でむしゃぶりつく男たち。しかしこの肉体のイヤラシさは、それだけにとどまらなかった。バイブ責めで何かを感じ取ったのか、「ケツ穴もイケるんじゃね?」早速指先でズプズプほぐし始め、イボつきアナルバイブまでも出し入れ。『かはっそこダメぇはくぅ~』初めて味わう凄まじい刺激を、悩ましげな表情で噛みしめる亜弥。さらにギチギチに緊縛固定した上で、尻穴&性器を同時に電動玩具責め。『嫌あぁもうダメイッちゃうよぉ…』情けないアヘ声を連発して、徹底的にイカされるはめに。よりによって尻穴で絶頂した事実は、よほどショックだったらしい。トドメの蝋燭責め乱交では、切迫しきった絶叫声をあげて『またイッぢゃうぅイグふぅ~』バックでの鬼ピストン+尻スパンで、ヘロヘロ状態でイカされっぱなし。「あ~ぁもう終わってるな…(笑)」最後の総仕上げとばかりに、超高速ピストン機でメッタ挿しに。『イクイクイクっまたイグうぅ』ブッ続けのアクメの果てに、遂には過呼吸が止まらず、全身虚脱状態に陥る亜弥であった。【公開日】2018/12/07【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 高樹麻衣
女子校生「麻衣」は目立つことが嫌で、クラスの中でもどちらかというと地味な存在。人見知りも激しい方で、至って臆病な性格である。そんな小心な少女が、見ず知らずの男たちに捕らわれてしまったのだ。制服ごと荒縄で縛られてからは、その感情はさらに高ぶる一方。何をされても、まるで幼○のようにすすり泣くのみ。「泣けば許されると思ってんのか?まだまだお子様だな」精神は子供でも、肉体は既に発情期を迎えている。性器をまさぐられれば、否応なしに全身に快感が駆け巡る。いきり勃った肉棒が膣内にヌプヌプと侵入してくると、麻衣の心情に関わらず、性器は潤滑液を分泌して受け入れてしまう。ひたすら泣きじゃくるも、あえなく犯され続ける少女。「お次はこんなのはどうだ?」炎が揺らめく蝋燭を見せつけられ、恐怖に引き攣る麻衣の形相。「嫌ああぁ!そんなの無理、死んじゃいます…」その怯えきった視線が、少女の心理を物語っていた。しかし無情にも、タラタラと降り注ぐ蝋燭の滴。麻衣は言葉にならぬ声で絶叫し、ただただ泣き叫ぶしかない。「じゃあ今度は死ぬほどキモチいい思いさせてやるよ」肉棒はズコズコとピストンを加速していき、発情して勃起したクリトリスに、電動マッサージ機の微振動が…。身体をビクンビクン揺らし、悶絶してしまう麻衣。どうやら一瞬でエクスタシーに達してしまったようだ。磔台に拘束されると、続けざまに巨大注射で浣腸液を注入。さらに電動マッサージ機で股間を責められる。うら若き女子校生が、人前で脱糞など…。絶対あってはならない事態である。必死の力で締めている肛門に、アナルバイブがズリュズリュと…。その瞬間、ブピッブピブピと少女の肛門から、液体まじりのウンコが溢れ出てしまう。強烈な臭気とともに。すっかり脱力しきって、失意のどん底へと叩き落とされる麻衣。目隠しを施され、拘束具で固められる少女の身体。左右の乳首はビンビンに勃起しており、その興奮ぶりが窺える。度重なる凌辱調教により、本当に変態マゾ奴隷と化してしまったのだろうか…。【公開日】2016/04/08【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 矢田桃香
グラドルばりの巨乳ボディは、M字開脚できっちり緊縛済み。あいくるしい笑顔は消えうせ、ボールギャグを咬まされ顔面蒼白。こんな絶体絶命の状況に置かれると、全身の感覚が研ぎ澄まされるようだ。『くふっ…んは~ぁ』と口枷から悩ましげな息を漏らしては、クンニの快感に抗おうとする桃香。完全拘束は一旦解いて、ふと心の隙ができた瞬間を狙って、再び女体玩弄に電動玩具責め。どうにか堪えきったと思った矢先、さらなる鮮烈刺激に襲われては、たまったものではない。『イヤあぁもう無理いいぃ!』ジョバババ~ッと不様にも大量失禁。シーツがみるみるグショ濡れに…。『あっあっ…そんな…』羞恥の極みに達して放心状態。快感の誘惑を拒絶する気力は、もはや微塵も残っていないはずだ。もともと素直な性格だけに、容赦ない鬼イラマにも鼻息荒く身を委ねきってしまう桃香。「この無抵抗なのがいいね~(笑)」理想の巨乳JK性奴隷に成長し、喜色満面で犯しまくる男たち。騎乗位や座位で突き上げられると、ピストン角度がドンピシャらしい。『それいいっイクイクイク…』無抵抗どころか愉悦の表情を浮かべ、未知のエクスタシーに浸りっきり。ただでさえ盛りのつく年頃なのに、こんな快感を知ってしまったら…もう後戻りは不可能だろう。【公開日】2018/11/09【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 菊池翔子
サラサラの黒髪に、色白の美肌が映える女子校生『翔子』。これぞ手付かずの天然素材といった感じで、10代の初々しい魅力に満ち溢れている。倉庫に連行後、すぐさま荒縄で緊縛されることに。ぽっちゃりめの典型的ロリ体型で、全身マシュマロのような質感の柔肌が、実にそそる。この穢れを知らない女子校生の肉体を自由にできる悦び…。鼻息も荒く、喜々としてむしゃぶりつく男たち。「いっ、いやぁ…ヤダヤダ、やめて~ぇ」顔をひきつらせ、ただ哀願することしかできない少女。こんなウブな反応がまた、男たちの征服欲を煽るのだ。吊るし状態のまま、怒とうの速攻レイプ。「えっえっ!?そんな…嫌ああ~ぁ!」大勢に取り囲まれ、まるで見せ物のように犯されてしまう。これほど惨めな境地は、初めての経験だろう。しかし絶望を感じる余裕すらなく、更なる過酷な凌辱が…。ガラスのテーブル台にM字開脚でくくりつけられ、なおも執拗な辱めを受ける翔子。未開発のアナルにチューブをネジ込まれて浣腸液注入。そして情け容赦ない電動玩具責めが…。「ダメっ出ちゃう、出ちゃうぅ…」この状況下で耐えきれるはずもなく、あえなく男たちの面前で脱糞。健全な生活を送っていた女子校生が、こんな変態行為を強制されては心が折れても致し方ない。あと一押しで一線を超えてしまうであろう。プニプニの色白柔肌にキツく喰い込む荒縄。さらにトドメとばかりに蝋燭責めまで加えられる。こうなるともう少女はすっかり言いなり状態。男根を差し出せば素直に咥え込む、真性マゾ奴隷と化してしまった。穢れを知らなかった肉体は、旺盛なまでに快感を欲求。代わる代わる犯されると、遂に魅惑のアクメへと…。「くは~ぁダメ…イクイクイク…」張り詰めていたものが切れた途端、立て続けにイキまくる少女。今まで経験が浅かった分、その反動は計り知れない。この底なし沼のような肉欲の誘惑から、もう逃れることはできないはずだ。【公開日】2017/07/19【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 宝田莉里
『許して、お願いだから。まだ経験ほとんどないし…』半泣き顔で訴えかける莉里。泣き付けば許してもらえると思っているところが大甘である。見た目だけでなく、中身も温室育ちのお嬢さまらしい。ほぼ処女同然と聞いて、むしろ嬉々としてガッつく男たち。「だからこんなキツキツなのか?」容赦なく指でコネくり回しては、無垢な肉穴の締まりを堪能。男根を差し出されても、顔を背けて拒絶の意を示す莉里。せめてもの抵抗のつもりだろうが、結局、逆らえるワケでもなく、鬼イラマで追い込まれるはめに。ただでさえ息があがってるのに、電動玩具責めでダメ押し。苦悶の形相で耐え抜いた挙げ句、口内に精液を注ぎ込まれてしまう。初めて体験することだらけで、完全に惑乱状態の莉里であった。さらなるバイブ責めで、咽び泣くような声でアエぐ少女。しかし荒波のように押し寄せる快感からもう逃れることはできない。『イクっイクまたイッちゃうぅ』まだセックスの悦びすら知らない純真JKが輪姦で犯されっぱなし。このままイカされ続けたら、どんな変態マゾJKに育っちゃうやら…。もはやまっとうな性生活を送れないことだけは確かだろう。【公開日】2018/11/30【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 井上友加里
品のいいお嬢さま女子校生『友加里』。屋外で手錠をかけられ、一方的に弄ばれると怯えっぱなし。ここまでは男たちにとっても当然想定内だったが…。電動玩具で責め始めると、小心な少女の様子が一変。「やめて…やはぁ~あ、はあぁん」嫌がってはいるものの、声がやたら色っぽいのだ。しかも純白の下着には、すぐさまジュワ~と淫らなシミが…。「え~っもう感じちゃってるのかよ!?」驚きを通り越して、なかば呆れ気味の男たち。こういう想定外なら無論、大歓迎であろう。密室内では、緊縛吊るし&ボールギャグで凌辱開始。欲情しきった肉体は、またもや恥知らずな痴態を晒してしまう。電動玩具で膣内を刺激されると、急激にテンション上昇。ボールギャグを噛みしめ、絶叫また絶叫の友加里。この凄まじい反応を目の当たりにして、男たちはますます増長。「この調子なら、ケツの穴でもイケそうだな~」巨大注射で浣腸液を注入し、さらにチューブまでもネジ込む。それにしても、これほどまでに惨めなアクメ姿があるだろうか…。四つん這いで這いつくばり、肛門からゴムチューブを垂らし、恥辱にまみれながらも、あえなくイッてしまうのだ。なおも執拗に責められると、過呼吸状態で「ハッハッ…かはっ、かは~ぁ」と息を漏らし、下半身がガクガクと痙攣寸前に…。並外れて感じやすい身体に生まれついた己の運命を、呪うしかない友加里なのだった。最後の輪姦も、アナルパールをブチ込んだまま敢行。ギンギンに勃起した肉棒に立て続けに犯され、ナマ臭い精液を浴びせられる少女。ただでさえ超敏感な性器は、これで完全に発情状態。本能の赴くままに快感を享受してしまう。そして、変態マゾ世界への扉のカギとも言えるアナルパールをヌプヌプ引き抜かれると…。タマらず浣腸液と糞尿をドバドバ垂れ流す少女。どうにか保っていた理性の欠片が、音をたてて崩れ去った瞬間であった。【公開日】2017/08/30【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 愛羽瑠衣
問答無用で縛りつけられ、ボールギャグまで咬まされる瑠衣。こんな窮地に追い込まれながら、肉体はむしろ興奮が増すばかり。「うわっ凄いクリだな…これ」「オナニーのし過ぎじゃね?(笑)」どうやら図星だったらしい。口枷を外して問いつめたところ、『いまオナニーにハマっていて…。いろんな妄想が頭にわいてくる』という性欲過剰体質だったのだ。キンキンに勃起したクリトリスは、舌先でくすぐられただけで、凄まじい快感を得てしまう様子。『やはっそこダメ感じすぎちゃうぅ』「反応がわかりやすいな~(笑)」乳首もビンビンに勃起して、もはや全身性感帯状態に…。さらに電動玩具で責められるや、淫汁垂れ流しの上、お漏らしまでも。続けざまにナマ男根をブチ込まれ『ダメっあぁんキモヂいいぃ…』涙声で喘ぎつつ快感を享受。窒息イラマからの口内発射で、瑠衣のマゾ淫欲は遂に最高潮へ。蝋燭責めと同時に徹底輪姦。飢えた肉食獣のごとき男たちに、これでもかと犯され続ける少女。『かはあぁ…イクイクぅもっと…』トロけるようなアクメに身を任せ、虚ろな表情でイキまくってしまう。日頃から繰り返してる「妄想」とは、まさにこの状況だったようだ。ようやく念願が叶ったというのに、さらなる快感を欲してしまう瑠衣。欲望というモノは本当にキリがない。【公開日】2019/01/18【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 宮元由麻
下校途中に捕獲されて早々、性処理ペットとしての調教を受ける女子校生・由麻。屋上でのイラマチオ射精などは、まだまだ序の口。密室に連れていかれると、本格的な凌辱が始まることに…。縄で繋いだ女子校生の肉体を、文字通りヤリたい放題。とりわけシミひとつない豊潤ツヤツヤ肌は絶品中の絶品で、喜々として全身くまなく舐め回す男たち。ボールギャグから滴る、ナマ唾液もジュルジュルすすりまくり。強制開脚で剥き出し状態の性器も、卑猥な汁ごと貪り尽くす。現役JKの肉体と体液を、思う存分堪能するのだった。緊縛調教は徐々に、生体実験のごとき様相を帯びていく。電動玩具の強烈無比な刺激を浴びると、女体反応は如実に変化。吊るされたまま身体が弓なりに反り返り、ガクガクと震えが止まらない。「はふううぅ、もうラメ~ぇ!」口枷を噛みしめつつ漏れる、アエぎ声の切迫感も最高潮へ。なおも立ちバック体勢で責められ続ける女子校生の肉体。スカートをペロンとめくると、惚れ惚れする程の美白桃尻があらわに…。真ん丸のラインは言うまでもなく、プリプリの質感もまさに極上。そして取り調べの矛先は、アナルへも及ぶことに。「なかなか感度よさげだな。じゃあこんなのはどうかな~?」パール型のアナルバイブをヌプヌプ埋め込んでいくと、おもむろにスイッチON。魅惑的な微振動が、少女の肛門を容赦なく刺激する。美尻をプルプル震わせながら、アウアウと呻き声を漏らす由麻。アナルバイブを喰わえ込んだまま犯され、その挙げ句イカされてしまう。これほど惨めなレイプもないだろう。その後も蝋燭+電動のW責め苦が続き、全身の性感帯が否応なしに研ぎ澄まされていく。「あっあっ、ああぁそんな…こんなのって…」信じられないくらいの甘美な感覚に、困惑すら覚える由麻。そんな戸惑いをヨソに、肉体は奔放なまでに快感を渇望。ついさっき、あれだけ惨めなアクメ恥態を晒したというのに…。恥も外聞もなく、一心に性的快楽を欲するJKボディ。本来、地獄を味わうはずのエンドレス輪姦で、至福のエクスタシーに酔い痴れてしまう。性処理ペットどころか、ド淫乱なマゾ奴隷に成長してしまったようだ。【公開日】2018/03/28【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 矢島麻衣子
縄で縛られ、身体をまさぐられただけで感じてしまう麻衣子。(なっ、何なの!?こんな感覚…初めてっ)下着越しにワレメをイジくり回され、おもむろに脱がされると…。「おいおい、もうこんなに汁まみれかよ!」パンツのクロッチ部分は、大量の分泌液でネトネトの状態。さらに乳首へローター。膣穴は指でヌプヌプ出し入れ。「えっえっ!?そんな…。止まらない。止まらないいいぃ」ドバドバと止めどなく、はしたない汁が溢れ出てくる。少女の肉体はもはや自制不能。ありえないほど性器感度が増幅しているようだ。椅子に拘束され、バイブレーターを挿入されると、もうこの沸き上がる快感を抑えることはできなかった。モノ欲しそうな表情で、うっとりと悦楽に浸ってしまう。「こっちの方がいいんだろ。コレが欲しくてしょうがないんだよな」何本もの肉棒を目の前に差し出されると、魅入られるように舌を伸ばし、陶酔しきって舐め始める麻衣子。【公開日】2015/09/29【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH【出演】矢島麻衣子

HAPPY FISH 香取理佐
知り合いから紹介で、SMクラブで売り出す前に試しにレイプしてくれと頼まれ、事が始まった。とはいっても手を抜くつもりはない。女の子は多分すべてのことが始めてだったのだろう、本当に嫌がり抵抗していた。アナル周辺もいじってあげ、どんな気分だったのだろう。私の予想だが、様子がおかしくなっていたので精神病院に入る気がする。まぁ私には関係ないが…【公開日】2009/01/07【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

HAPPY FISH 一ノ瀬桜
都内の学校に通う女子校生・桜は、至ってごく普通の少女だ。クラスの女子の中でもそれほど目立つ方ではなく、性格も温厚そのもの。ただ内気な資質が外面に滲み出ているため、痴漢には遭いやすいタイプといえる。この日もそんな弱みにつけ込むかのように、暴漢たちのターゲットにされてしまったようだ。とにかく逃げ切りたい一心で駆け回り、気がつくと廃ビルの地下に追い詰められる少女。捕まって何されるかは明確であろう。男たちの欲望に満ちた目つきをみれば…。あえなく捕獲された女子校生は、その場でいいように犯されてしまう。【公開日】2015/01/20【ジャンル】辱め【レーベル】HAPPY FISH

 次のページへ »

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14