タカラ映像動画 人気順 1/25

合計 今日 昨日

2019-03-25 現在の表示:人気順 ページ:1
ホーム 価格順 新着順 人気順 評価順 マイリスト登録順 発売日順

487件の動画が見つかりました。
 次のページへ »

母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 平岡里枝子
親父が亡くなって数年、外に出たがらない母だったが、ようやく落ち着いて来たのだろう、僕たち夫婦の新居に遊びに来てくれた。母の元気そうな顔を見た息子は安堵した。息子は偶然母の入浴を見てしまう。顔に似合わぬ黒々とした陰毛。息子は母の裸体に興奮してしまった。深夜、ご無沙汰気味だった妻に久しぶりの行為を熱望した。しかし妻に今回も拒絶されてしまった。高まった息子の性欲は、はけ口を探した。母の寝室に忍び込み、そっと布団をめくると母の股間を弄り始めた。次第に湿り気を帯びてゆく淫部。息子は思い切り母の淫毛へと発射した。立ち去る姿を薄目で見送り、掛けられた精液をぬぐった母は、息子の奇行に思い悩んだ。翌日妻が外出し、母と二人きりになった息子はおもむろに母へ抱きつくと、乱暴に愛撫し始める。拒絶する母だが息子の力に勝てず、口と手で息子を鎮めようとする。最後の一線は守られたが、息子の激しく求める様に母は忘れていたオンナを思い出してしまう。深夜、寝付けない母は、ひっそりと自分を慰め始める。少しずつ早くなってゆく鼓動。オンナを満たしたい欲求で激しくなってゆく自指。何度もイクが満足できない熟れたカラダ。その姿を見透かされたように息子が母の前に現れる。すでに受け入れるカラダになっている母は息子を完全には拒否できず、硬い息子棒により貫かれてしまう。膣内が満たされた喜びは、母を快感で包み込み、瞬時に絶頂へと達してしまうのであった…。【公開日】2018/10/11【ジャンル】近親相姦【レーベル】タカラ映像【シリーズ】母姦中出し【出演】平岡里枝子

あん時のセフレは…友人の母親 一ノ瀬あやめ
僕が学生時代に惚れた女性は友達の母親…必死の想いで告白…「ちゃんとした彼女を作る迄」と言う条件で友達の家の中限定で彼女になって貰った。それから毎日…友達が帰る迄通い詰めた…正直…おばさんとSEXをシタくてタマラなかった…おばさんも遂には「良いよ」って言ってくれたけど、どうしてもフェラだけでイッちゃうし、直ぐ出ちゃうし…中々出来ずにいたんだ…おばさんは…一回ちゃんとSEXしたら僕が飽きるんじゃ無いかって思っていたらしく…凄く協力的だったんだ…それがある事をきっかけにおばさんの方が僕に夢中になって行ったんだ…。【公開日】2019/03/14【ジャンル】熟女【レーベル】タカラ映像【シリーズ】あん時のセフレは…【出演】一ノ瀬あやめ

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 東早紀
ある夏の暑い日。嫁の実家に訪れた旦那が、そこで美しい義母と出会う。一緒に過ごしていくうちに、徐々に旦那は義母の熟した身体に悶々とし始める。そして、墓参りの日。嫁が先に出かけ、義母と二人っきりになった瞬間から、旦那と義母とが、ついに一つになった…。【公開日】2013/04/23【ジャンル】近親相姦【レーベル】タカラ映像【シリーズ】お義母さん、女房よりずっといいよ…【出演】東早紀

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 倉田江里子
週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。【公開日】2016/08/11【ジャンル】近親相姦【レーベル】タカラ映像【シリーズ】お義母さん、女房よりずっといいよ…

夫とは違う濃厚な性交。 嶋崎かすみ
私の性欲を満たしてくれたのが夫であれば良かったのに…夫婦二人仲良く暮らしていた。その生活が変わってしまったのは、私の性欲が抑えられなかったから。夫は日々私を満足させようと頑張ってくれているのですが、すればするほど私は性欲で溢れていった。今日も家事の合間にひとりオナニーをしてしまった。その姿を隣のおじさんに見られてしまった。おじさんは以前から私たちの行為に聞き耳を立てていたらしく、私が満足出来ていないのも分かっていた。突然の事に取り乱す私を余所に、おじさんはスカートの中に手を入れると私の敏感な部分をねっとり弄ってきました。いやらしい目つきでニヤニヤしながら私を弄る。私はおじさんに今までにない嫌悪感を抱きました。そしておじさんは私にオナニーの続きをしろと命令したのです。恐怖と恥辱で逆らえない私は言われるまま従いました。見られながらの自慰、嫌なはずなのに昂ぶってゆく、普通じゃない状況は私を淫らな興奮へと誘い、早くSEXしてほしくて堪らなくなっていました。おじさんは下半身を露出し、私の目の前に赤黒いモノを差し出して来ました。私は吸い寄せられるかのように、口に含むと、涎を垂らしながらしゃぶってしまいました…。【公開日】2018/07/26【ジャンル】熟女【レーベル】タカラ映像【シリーズ】夫とは違う濃厚な性交。【出演】嶋崎かすみ

これから…妻が初めて浮気をして帰ってきます。
夫婦仲は良いがマンネリ気味に感じていた。最近、寝取られるという行為があるという事を聞き、興味を持った僕は、妻にNTRをやってみない?と聞いた。妻は何言っているの?と怒っていた。数日して妻が元彼と飲みに行って良いか聞いてきた。少しの沈黙の後、う、うんと答えた。僕も妻も緊張していた。出かけて行く妻に僕は声をかけられなかった。定期的きていたメールが途絶え、数時間後妻が帰ってきた。遅かったなというと、ごめんと妻は言った。シタの?と聞いたら俯き、首を縦に振った。妻は今日の出来事を話し始めた。僕は既に勃起した下半身を抑えつつ、妻の話を聞く。申し訳なさそうに、恥ずかしそうに頬を赤らめながら話す妻を愛おしく、無茶苦茶に抱きたいと僕は思った。【公開日】2017/12/28【ジャンル】熟女【レーベル】タカラ映像【シリーズ】ドキュメントNTR【出演】二階堂ゆり

夫とは違う濃厚な性交。 藤代ゆかり
清楚な美人妻・ゆかり。大人しそうな外見からは想像もつかない喘ぎ声が毎夜聞こえてきたら?隣室に住む僕は、ただ挨拶を交わす隣人ゆかりが気になっていた。今まで気にしていなかったが、毎夜のごとく漏れ聞こえる喘ぎが彼女のものだと気がついた時、興奮してたまらなかった。ある日、彼女の出したゴミから大人の玩具が覗いており、何気なくチャンスを伺っていた。こっそり仕掛けたカメラにはゆかり夫婦が玩具を使い写真をとり動画撮影している姿が映っていた。日中、彼女の部屋から微かな吐息を聞き取った僕は、思い切って隣室へ赴き、今までの事を彼女に伝えた。そして僕はこう言った、今なにしていたの?僕にも見せてよ、と。【公開日】2018/02/22【ジャンル】熟女【レーベル】タカラ映像【シリーズ】夫とは違う濃厚な性交。

代理出産の母 5時間
「ねぇ、お母さん…わたし、子供が産めないって…」そんな衝撃の告白から始まったドラマ。夫は妻の目の前で、母は娘の目の前で裸になり身体を重ね合って、白濁した欲望を子宮へと注ぎ込んだ。新たな命の芽生えの後に残された二人の高まった欲求が更なるドラマを生み出してゆく。【公開日】2016/03/08【ジャンル】近親相姦【レーベル】タカラ映像【シリーズ】代理出産の母

義理の息子にめろめろにされた義母 島津かおる
娘を嫁に出し、今は夫と二人暮らしのかおる。夫とは愛し合っているがED気味で、最近は本当にご無沙汰、かおるの欲求不満は限界に達していた。そんな折、娘夫婦が中古だが一軒家を購入したお祝いも兼ね招待された。なかなかいい感じの物件。かおるも夫も娘夫婦の新たな城に喜んだ。そんな中かおるは娘婿の衝撃的なモノを見てしまう。深夜トイレへと向かうかおるは婿がゴソゴソと何かしている、そして放たれる白濁液。一瞬何かわからなかったが、婿の自慰により放たれた精液だと理解した。夫のしょぼい発射と違い勢いのある放物線を描いたソレはかおるの子宮をキュンとさせた。あくる日かおるを置いて夫と娘は出かけており、婿はリビングで居眠りをしていた。かおるはキョロキョロと周りを見渡すと、婿へと近付く。そっとズボンを下ろすと、パンツ越しに解る逞しいチンポ。むしゃぶりつきたい衝動を抑え、ゆっくり優しく撫でてみる。途端に大きく硬くなってゆく婿チンポ。堪らずパンツの隙間から取り出すと、軽く上下に動かしてみる。婿チンポは一段と硬くなって行き、かおるは溢れるヨダレをチンポに垂らすと滑らかに扱く。硬い婿勃起チンポを堪らず口に含むと味わう様にしゃぶる。かおるは興奮と喜びにビクッビクッとした刹那、婿チンポから大量の放出液がかおるの口中に飛び込んできた。喉奥に感じる衝撃と口の中に広がる男臭い匂いにかおるもまた絶頂に達してしまっていた…。【公開日】2018/10/25【ジャンル】近親相姦【レーベル】タカラ映像【シリーズ】義理の息子(タカラ映像)【出演】島津かおる

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 森下美緒
うちは妻・恭子と義母の3人暮らし。妻の恐妻ぶりに日々怯えている。食事も貧相で、確かに自分の稼ぎが少ないので仕方がないが、夜の方も一向にさせてくれない。義母はそんな娘に逆らえないが、僕には気を使って優しくしてくれていた。恭子が居ない昼間、仕方なくエロ本で自慰をしている最中、義母に見つかってしまう。すごく申し訳なさそうに娘の所為でと謝る義母は、娘の分まで面倒見ますと僕にキスをした。ねっとりと絡みつく義母の唇はとろけそうに甘く、僕は義母との行為に溺れていった。【公開日】2017/03/22【ジャンル】近親相姦【レーベル】タカラ映像【シリーズ】お義母さん、女房よりずっといいよ…【出演】森下美緒

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 安野由美
僕が元妻・由美と別れたのは、自分の借金のせいだった。あれから数年、僕は今の妻と知り合い、婿養子として再婚した。最初は仲良くしてくれていたが、次第に高圧的な感じで、今は肩身の狭い思いをしている。明日から、義両親と妻とで旅行に行く。妻の下着を鞄に詰めながら、僕は少し悲しくなった。妻達が旅行に出かけ、僕は自由な時間を満喫していた。チャイムが鳴り、出てみると保険勧誘の女性が立っていた。なんと元妻・由美ではないか!戸惑う由美を無理矢理リビングにあげると、お互い近況を話した。懐かしい昔話をしていると、昔、由美と夫婦だった時の行為が頭をよぎる。つい、衝動的に由美に抱きつき、由美を求めた。嫌がる由美だが、勝手知ったる性感帯をピンポイントで責め、次第に欲情しはじめたが、会社からの呼び出し電話で最後まではいけなかった。帰る由美を私はこっそり後をつけた。由美の家から男性が出かけて行くのを確認した私は、チャイムを鳴らした。出てきた由美を抱き寄せ昨日の続きを再開した。由美は昨日の事でムラムラしていたようで、拒否しつつも体を開いた。久しぶりの元妻の体は、空白期間が嘘のようにしっくりと私を受け止め、全てを吐き出させてくれた。【公開日】2018/01/18【ジャンル】熟女【レーベル】タカラ映像【シリーズ】再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…【出演】安野由美

代理出産の母 葵紫穂
横山夫婦は「早く子どもが欲しい!」って、互いに言い合いながら、子づくりに励んでいた…。が、しかし、2年経っても3年経っても、なかなか子宝に恵まれなかったのであった。先日、念のためにと思い、二人病院で検査をうけたところ…嫁のちさきは不妊症と診断されたのであった…。夫婦は、そのあと同居する母、紫穂に「代理出産」をお願いするが…。【公開日】2016/03/23【ジャンル】近親相姦【レーベル】タカラ映像【シリーズ】代理出産の母【出演】葵紫穂

母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 緒方泰子
元々マザコン気味だった。とはいえママ大好きっていう感じではなく、年上の女性に惹かれる、包み込んで欲しいとかそういう感情。でも本当は違ったのかもしれない。先日母が上京し、数日我が家に泊まることになった。旅の疲れを癒すべくお風呂を進める。見るつもりもなかったし、覗くなんて考えてもいなかった。でも今僕の視界には少し緩んだ裸体の母が。僕はたまらなく興奮していた。収まりがつかなくなった僕は、深夜母の寝室へと足を忍ばせ、こっそりと夜這いをする事にした。寝ている母を触ったり舐めたりしている内、堪らなくなって発射した…。【公開日】2018/05/24【ジャンル】近親相姦【レーベル】タカラ映像【シリーズ】母姦中出し【出演】緒方泰子

性欲の強い息子にめろめろにされた義母 森下美緒
夫を亡くし田舎で寂しく暮らしていた美緒。娘夫婦に誘われ、最近同居を始めた。娘婿は優しく気遣いしてくれ、美緒は娘夫婦に感謝した。ある朝、ふと婿さんの股間が目に入った。自分の想像を超えた大きな膨らみだった。美緒は冷静を装いつつ、二度見してしまった。ある日お風呂場の脱衣場で婿が自慰をしていた。はっきりとは見えなかったが、白濁液が勢い良く放出される瞬間、美緒の中の女に火が付き始めていた。娘がいない日中、婿は昼寝をしていた。美緒はずっと気になっている婿の股間を観察できるチャンスと思い、静かに婿に近付いた。ボクサーパンツ越しに触れてみると、少しずつ反応し始め窮屈そう。そっとパンツをズラすとビンビンに勃起したアレが姿を現した。美緒はその逞しい姿につい微笑みを浮かべてしまっていた。まるで吸い寄せられるように口に含み頬張る。まだ大きくなろうとする婿棒に口を離し舌先で弄んでみた。美緒は自然と自分の股間を弄りながら、愛おしく勃起した婿棒を味わう。すると婿棒が膨張し美緒の口の中に青臭い白濁液が飛び込んできた。同時に美緒は軽く絶頂に達してしまった。吸い尽くすように舐めとると、口の中に広がる精液臭を暫く味わっていた…。【公開日】2018/10/11【ジャンル】近親相姦【レーベル】タカラ映像【シリーズ】義理の息子(タカラ映像)【出演】森下美緒

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 森下美緒
元妻、美緒に会ったのは本当に偶然だった。8年前リストラされ自暴自棄になった私は美緒を傷つけた。別れは仕方がない事だった。あれから私は改心し、新しい妻もでき、二人で飲食店を始めた。それなりに繁盛し、少しだけ余裕のある生活が今ある。今の妻は私を支えてくれ、尽くしてくれるのだが、夜の相性だけは全く良くなかった。そんな時、元妻美緒を思い出しては後悔していた。そんな矢先の偶然の出会い。私は美緒に駆け寄ると緊張しつつも声をかけた。後悔謝罪色んな気持ちが溢れたが、今は美緒と話がしたかった。半ば無理やり自宅に誘い、お互いの近況を話し始める。私は昔を思い出しながら、美緒を見つめ話を聞く。美緒の唇が私を誘った気がした。私は自分を止められなかった。美緒の唇を奪うと、あの時、昔のお互い愛しあっていた時のように、体を愛撫する。美緒は自分の弱い所を攻められ、頭は拒否していても、カラダが元夫を受け入れようとしている事に混乱した。お互いの秘部が深く繋がった時、忘れていた快感が再び蘇ってきた。そして夢中でカラダを重ねていくのであった。【公開日】2017/12/14【ジャンル】熟女【レーベル】タカラ映像【シリーズ】再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…【出演】森下美緒

あん時のセフレは…友人の母親 葵百合香
僕が学生時代に惚れた女性は友達の母親…必死の想いで告白…「ちゃんとした彼女を作る迄」と言う条件で友達の家の中限定で彼女になって貰った。それから毎日…友達が帰る迄通い詰めた…正直…おばさんとSEXをシタくてタマラなかった…おばさんも遂には「良いよ」って言ってくれたけど、どうしてもフェラだけでイッちゃうし、直ぐ出ちゃうし…中々出来ずにいたんだ…おばさんは…一回ちゃんとSEXしたら僕が飽きるんじゃ無いかって思っていたらしく…凄く協力的だったんだ…それがある事をきっかけにおばさんの方が僕に夢中になって行ったんだ…。【公開日】2018/09/13【ジャンル】熟女【レーベル】タカラ映像【シリーズ】あん時のセフレは…【出演】葵百合香

母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 麻生千春
妻は今日も夜の営みを拒否した。疲れているのはわかるが…そんな折、父が亡くなり塞ぎ込んでいた母・千春が僕たち夫婦の元に遊びにやってきた。元気そうな姿に僕は安心した。妻は長旅の疲れを癒してもらおうとお風呂を勧め、僕はその時母の着替えを覗いてしまった。今まで母に欲情などした事が無いのに、その時は勃起が治らないほど興奮してしまった。流石に母とは出来ないと思った僕は妻を押し倒そうとしたが、やはり拒否され、僕の性欲は行き場を失ってしまった。翌日、妻が買い物に出掛けた時、リビングで寛ぐ母に僕はお願いしてしまった。勃起の収まらないチンポを母に見せ、妻がしてくれず、どうしようもないと懇願すると、母は諦めたように手でこすり、チンポを咥え、僕を発射させた。夜寝付けない千春は昼間の事を思い出していた。あの小さかった子がと思う一方、数年ぶりに見た夫以外の股間、しかも勃起した硬いイチモツ、息子なのに、と考えている内、自ら体を弄り、吐息を漏らしてしまっていた。すると突然開く扉。既に昂ぶっている息子は千春を強引に抱きしめ愛撫し、熱い肉棒を母の中へと深く沈めていった…。【公開日】2018/09/13【ジャンル】近親相姦【レーベル】タカラ映像【シリーズ】母姦中出し【出演】麻生千春

代理出産の母 柏木舞子
舞子は娘と娘婿と3人暮らし。結婚して数年たっても新婚の様な娘夫婦に安心して見守っていた。転機は急に訪れた。何年たっても子供の出来ない娘夫婦は検査を受け、娘が不妊という診断結果が出てしまっていた。娘に掛ける言葉が見つからず戸惑う舞子に、娘から衝撃的な事を言われてしまう。娘は舞子に代理出産をお願いと。舞子は悩んだ。自身も高齢、チャンスなど限られている。不安、でも娘の為ならと、代理出産する事を決意する。娘に見守られながら、婿と行為する。失敗しない様にと緊張が舞子を襲う。婿の愛撫は優しかった。次第に熱くなっていく。婿に促され男性器を触り舐めた。子宮の奥が疼き始め、掻き回して欲しくなる。が、これは娘の為の行為、気持ち良くなってはいけない。舞子は婿の精子を受け止めた。舞子たち3人は新しい命が宿るのを願った。数日が経ち、舞子は寝付けずにいた。婿とした子作りSEXを思い出すと、奥から蜜液が溢れてくる。指でなぞるだけでは満足できない。チンポを欲してしまう淫らな体は、激しく手淫しても静まらない。夢中の舞子は自慰を婿に見られている事にも気付かない程だった。婿は堪らず舞子に抱きつくと、すでに硬くなっているソレを舞子に握らせた。本能がソレを欲するが、舞子はなんとか自制し、婿の熱い白濁液を口で受け止めたのだった…。【公開日】2018/09/27【ジャンル】近親相姦【レーベル】タカラ映像【シリーズ】代理出産の母【出演】柏木舞子

母姦中出し 息子に初めて中出しされた母 西浦紀香
父が亡くなり数年。私達夫婦は回忌法要の為実家に帰省した。落ち込んでいた母もここ最近は元気を取り戻したみたいで、私達の帰省を歓迎してくれた。歳は取ったが昔から綺麗な母。私は母の入浴を覗いてしまった。興奮した私は妻に行為を求めたが、けんもほろろに断られてしまった。どうにも寝付けない私はふらふらと母の寝室へ。母を夜這いする、背徳的な行為。私はそっと布団をめくり、母にいたずらすると、母の股間はうっすらと湿り気を帯びて行き、母の股間をいじりつつ尻に向けて精子をぶっかけてしまう。翌日、母が一人になるのを見計らい抱きついた。親子でこんな事はダメと言う母。夜這いに気づいていたと感じた私は、妻と性交渉がなく我慢できない、頼めるのは母しかいないと懇願した。母は今回だけとしぶしぶ了承し、口と手で息子の精を放出させた。母とのエロ行為に満足できなかった私は、再び寝室へと向かう。かすかに漏れる母の吐息。母は数年ぶりに息子とはいえ男性器を口に含んだことに興奮してしまっていた。しかも発射しても勃起の治らない若いチンコ見てしまった母は、静かにオンナを目覚めさせていた。昼間の行為で母が自慰をしていること嬉しく感じ、好きだった母と繋がれるチャンスを得た私は母に近付くと強引に愛撫をした。嫌がり拒否するが自慰で敏感になった熟れたカラダは鎮まる筈もなく、私は母とひとつに繋がった。激しく何度も出し入れされた母は、息子によって絶頂へと導かれてしまうのだった…。【公開日】2018/08/16【ジャンル】近親相姦【レーベル】タカラ映像【シリーズ】母姦中出し【出演】西浦紀香

うまなみの兄にめろめろにされた弟嫁 横山みれい
日々衰退してゆく旦那の性欲。それに反しやりたくて仕方がない妻『みれい』。旦那は好きだし、年に1回は最低でもしているし、でも満足するまでヤりたい、そう思っていた。今日も誘ってみたが、明日から義兄が来るから、義兄が帰ったらしようと断られた。納得はいかなかったが、仕方がないと我慢した。旦那の兄、義兄はガサツで汗臭く、みれいは若干嫌っていた。汗臭を振りまきながら来た事に嫌悪を露わにしたみれい。すぐさま風呂に入るように進めた。風呂上がりの義兄を見たみれいは少し機嫌が戻ったが、驚愕の事実を知ってしまう。今まで嫌悪の対象だったので気付いていなかったが、義兄のアレが旦那に比べてデカイのだ。昔のみれいならば見なかった事にしただろう。でも今のみれいはアレに餓えている。気にしないつもりでも、気付けば義兄のアレを見てしまう。次第にみれいはイヤラシイ妄想をしてしまい…。ハッと気がついたみれいは誤魔化すように席を立った。どうにも気になったみれいは、ある事を思いつく。若干無理矢理に旦那と義兄を風呂へ進めるみれい。風呂上がりの兄弟を尻目に急いで風呂場に向かい、隠していたスマフォを再生すると…荒々しく大きい義兄のアレが鮮明に映っていた…。【公開日】2018/06/14【ジャンル】近親相姦【レーベル】タカラ映像【シリーズ】うまなみの兄にめろめろにされた弟嫁【出演】横山みれい

 次のページへ »

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25